こんな短歌を一つ

朝イチで
何か書こうと
思ったが
何も浮かばず
愛しの布団へ