以下鬱モード


できることなら天才になりたかった
でも俺は天才じゃありませんでした
しかし普通と比べると頭がいい方でした
いっそのことバカな方がよかったです
何をやるにしても自分はどこまでしかできないとだいたい見当をつけてから始まります
その手前で挫けるので嫌になります

親切でいたいです
人からの頼み事はできるだけやってあげたいです
自分が人に頼んだ時に断られたら嫌だから
きっとその人が何かしらの事情あってできないから俺に頼んだのだと
そう思ってるから人の頼みはできるだけやるようにしている
でもそれはその人の負うべき迷惑や面倒を全て俺が負担してあげるということでは断じて無い
親切でいたいのであって都合のいい奴に成り下がる気は無い
そんな考えすら貫けない自分がいやになります

どうして俺はこんな感じなんでしょうか
ただ普通に気の合う友達と仲良くして好きな時に好きな事したいだけ
何で自分が思った通りに動くことを許さない環境ばかりがそこにあるんですか

ちゃんとできたら褒めて下さい
何か間違えたのなら叱って下さい
余裕があるなら助けて下さい
何で今少し泣きそうなのか教えて下さい
楽しい時間を下さい

何で好きな音楽聞いてるだけなのにちょっと前に同じ曲を聞きながらイライラしたのを思い出してまたイライラしなきゃいけないんですか
どれだけストレスが溜まっても周りの目を気にして発散できません
死ぬほどの度胸もなければ現状に未練もないから前にも後ろにも進めません

これから仕事をして人付き合いして死ぬまでの間俺に幸せな時間はありますか
なくても死ぬまでは死なないでいます
でもせめて誰か俺のことを知って下さい
誰にも俺だと認識されず都合のいい人として生きるのは楽しくありません
楽しい日が来ますように
いつかくる楽しい日のためにこれからの毎日を過ごしていきたいです

「人の一生で人生を過ごすものは少ない。大半はただ時間を過ごしているに過ぎない。」
大昔の人のことばだそうです
天才は流石に偉いこと言いますね
こんなに偉いことを言うのならなぜ時間を過ごすだけの人を導いてあげようとしなかったのでしょう
こんなことを言った奴はもう死んでるけど死ねばいいよ