愚痴と不満の墓場

めったに更新しない墓場見たいに静かなところです。たまにお墓の中からゾンビのうめき声が聞こえるときがあるみたいですよ?

こっちの方に本体がいるらしいです
twitter https://twitter.com/ug_lier
twilog http://twilog.org/ug_lier

バカ!(釘宮ボイスでの再生推奨)

個人的には釘宮さんに罵られるのもいいんだけど、最近は遠藤綾さんに罵られたい願望の方が強くなってきた今日この頃

それとは全く関係ないけど能登さんを見にアキバ行ってきた
この時間だと今日と言うべきか昨日と言うべきか非常に判断に迷うがどうでもいいか
ついでにメイト行ってラノベを2冊(昨日書いた「蒼穹のカルマ」と「バカとテストの召還獣」)買ってきた

まあ明後日に語学の成績に大きく関わるインタビューを控えている状態でアキバに能登さんを見に行った時点でダメなのはわかっていたさ
けどな、家に帰って気がついたら今日買ったラノベを両方読み終わっているとはどういう了見だ?

引っ越しをする予定だからお金を使えないと言うのにこんなに急いで読んじゃったらすること無いじゃん!お前バカだろ!
読んでる時間あったら勉強せいよ!

・・・今更行っても仕方の無いことだとはわかっている。わかっているけどもいい加減自分の適当さ加減には呆れるね


でもそこが好き♥(そこ、きもちわるいとか言うな。先生は本気だぞ〜) 

評判と実体

こないだ乃木坂の11巻を買うついでに「このラノベがすごい!」って奴を買ってみたんだわさ
したらばなんだか色々なラノベが出てて、これ知ってる〜っていうやつからなんだこれ?なやつまでピンきりあるわけだ

その中で結構評判も良さそうだったしちょっと手を出してみようかと思った「蒼穹のカルマ」 
探してんだけど近くの本屋だと最新刊しか置いてないんだよね・・・
これはどういうことだ?
当たりな人には当たりだけど地雷の可能性を捨てきれないということなのか?
買おうか買うまいかとりあえず現物を見てみたいものだ

ちなみに俺はラノベを買う時は通販じゃなくて実際に本屋さんに言って買うと決めている
何故かって?その方が恥ずかしいじゃん(そこ、Mとか言うな。俺はドMだ)

少しでも恥ずかしいと感じているうちはまだ現実とバランスがとれていると自分で安心できるじゃまいか。安心したからって俺の惨状が改善するわけでは全くないがな!
オタクなことを必死に隠すのは疲れるし、ただでさえ後ろめたい気持ちが現実から離れるほど強くなる気がするからってのもある

友達と本屋行っても平気でラノベのコーナーに立ち入る俺を見て引く奴もいるのかもしれないけど、幸運にも俺の友達は割と平気らしい
というより俺にとって本屋さんは大事な場所だから一緒に行く奴はかなり仲がいい奴に限定されるわけだが

とりあえずこの金も時間も無い時に限って色々買いたくなるのはどうにかならないだろうか 

音楽

どんな人でも好きな音楽があると思うし、音楽に対する考え方も違うと思うのさ

俺にとって音楽は純粋に聞くもの
だから俺がえらぶ音楽は聴いてて心地良い曲になる

そしてそういうのは基本的に自分で歌おうとすると非常に難しい、もしくは根本的に歌うことが出来ないものもある

・・・何が言いたいかだいたいわかってきたかしら?

そう、俺はカラオケが凄く苦手なんだ
歌えないような曲ばかり聴いてるからレパートリーの少ないこと少ないこと
ひとりで行くぶんには好きな曲を好きなように歌ってればいいからいいんだけど、他人と行くと歌うことに対して何かしらの反応があるわけじゃん
それがたまらなく居心地悪いんだよね

「あ〜、こいつ歌も残念なんだ〜」とか思われてるかと思うとぞっとして歌どころじゃないし
「誰もお前のことそんなに気にしてねぇよw次の曲探すのに忙しいからw自意識過剰乙w」とか言われそうだけどそういう性分なんだから仕方が無い

他人を気にせずに自分の好きなように曲を聞く。それを楽しむ。音楽ってそれでいいと思うんだ






・・・ん?今聴いてる曲?「つるぺったん」ですが何か?

近況

最近驚くほど午前中に起きられない

冬の布団のキープ力は異常

そしてこんな時間にブログを書いちゃう俺もだいぶ壊れてきてる


年明けるくらいにはこの寝るのが遅い→起きるのも遅くなるがぐるっと一周して健康的なバイオリズムに戻ると信じたい 

狼と香辛料

とりあえず既刊の最新刊まで読んだから感想でも。

長く続いてる割にグダグダになるわけでもなく、一冊ごとに刺激を提供してくれる辺り作者さん頑張ってるな〜と感じます。
あとどのくらい続くのかはわかんないけど13巻のあとがき見る限り終わりをしっかり見据えてやってる感じがするのでついて行きたいと思います。

個人的にはキャラクターがみんな可愛くて好き
最初はホロの可愛さにわっちわちにされて、そのうちロレンスのヘタレっぷりに愛着が湧き、けどやる時はぴしっと決めるそのかっこよさに惚れた。
途中から出てきたコルとホロがキャッキャウフフしてるのを見るとそれだけで顔がにやけるし、最新刊で久しぶりにノーラが出てきて成長した様子が微笑ましい。そしてエネクのけしからんポジションw

キャラクターひとりひとりが生き生きと動いてる感じがするのが狼と香辛料のいいところだと思う。

余談だけど、こういう風にひとりひとりの可愛らしさがある原作を読んじゃってると、アニメ版を見て悪い方向にイメージを壊されるのが怖くなるからあんまり見たくない気がする

きっと見るけど 

なう

今週は大学の学祭なんでお休み。そうじゃなくても連休ですね

というわけで今実家。ついった風に言えば実家なう。どうでもいいか

やっぱり実家は良い。
飯の用意しなくても出てくるし、勝手に片付くし。

ただそんな事よりも、両親が健康そうな様子を見れる事が何より幸せ。

こないだ親父の誕生日でいくつになったのか確認したらもう51だと
あと9年で定年だよ(苦笑)
絶賛穀潰し中の大学二年生の長男(笑)は就職とかしっかり考えなきゃいけないなと思い直したよ

まずは引っ越しに向けてバイトを見つけるところから始めねば(;¬_¬)

仕事

今のご時世、就職した後に必ずしもオフィスに詰めて仕事をする必要があるのか疑問に思う。

俺はオフィスにでもいなきゃ働かないだろうから特に問題ないんだが、これだけインターネットとかが発達してんだから自分の家で仕事できるんだったらそれでもいいじゃん
たとえばオフィスに行かなければセクハラされる人は格段に減るわけだし、通勤ラッシュも緩和されて嫌な思いする人が減るわけだし。それにオフィスに行く人が減ればオフィスの規模を小さくして土地維持費用も減らせるとかいろいろ考えられるじゃん?

どんな職種であれ、他人に気を使いながら自分の苦手な事までしてオフィスにいるのは非効率な事この上ないと思う
営業とか外回りとかは対人交渉のうまい人がやる。技術職はそれに特化した人がやる。それはそれでありだと思うんだけどな
まぁ、片方に特化しすぎるとコミュニケーションがとれなくなるからそれはそれで問題になるんだが・・・

情報のやり取りにインターネットを介するとやれ情報漏洩だなんだとうるさいが、社内で秘匿情報扱ったって気に食わん奴がいれば某掲示板に書き込まれたり人の口を伝って噂になったりするんだから大差ないし

オタクになって1年とちょっとだが、イベントとかに行くとあのエネルギーにはホントに驚かされる
そのエネルギーを仕事に転化させやすいようにしていけば労働問題とかも少しは改善されるよ、きっと 
カウンター

現在の閲覧者数:
Links その1
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ